ろうけつ染め

ろうけつ染め

こんにちは、伊勢佐木町店のTEIです。

この間京都ろうけつ染め作家の狩野嘉一郎先生からろうけつ染めのバックを頂いたことをきっかけに、

ろうけつ染めについて調べてみました。

ろうけつ染めは日本伝統的な染色法の一つです。源流はインドとされ、中国では唐の時代に流行した染織技法です。

その影響を受け、日本に伝わりました。ろうけつ染めは筆などで溶かした蝋を布に塗り、模様を描きます。

染料にてその布を染色し、蝋を落として水洗いします。蝋が冷めて乾くとひび割れの亀裂が生じます。

染めた時に、ひび割れに染料が染み込んで、独特の亀裂模様を作り出すことに面白さが有ります。

 

このようなバックを頂きました。着物着たくなりました(笑)。

不器用な私ですが、機会が有れば、ろうけつ染めを体験してみたいと思っています♪。